高血圧に対しての降圧剤利用と養生対策

医療機関でよく使われている降圧剤は以下の5つです。

・利尿薬
体内の水分を排出することにより、血圧を降下させます。水とナトリウムは一緒に動く性質があるので、それを利用します。ただし、糖尿病の人が使うと血糖値が高くなってしまう危険性があります。
・β遮断薬
心臓の活動を穏やかにして、心臓の負担を軽くさせます。名前が似ている降圧剤にα遮断薬がありますが、こちらは血管を拡張させて血圧を下げる薬です。
・カルシウム拮抗剤
利尿剤と併用されることが多く、副作用が少ない薬です。血管を拡張させて血圧を下げます。グレープフルーツと一緒に使うとフラボノイドによる解毒作用の低下により、血圧が下がりすぎてしまうことがあるので、一緒に食べることは禁止されています。
・ACE(アンギオテンシン)阻害薬。
糖尿病や腎臓病の人でも使うことが出来ます。副作用として、咳が出ることがあります。
・ARB(アンギオテンシンII祖阻害薬)
ACE阻害薬と似た作用の薬ですが、副作用の咳が軽いです。最近開発された薬です。これらの降圧剤を使うとともに、大切なのは自分で養生して対策することです。塩分の摂取は控えめに食事での養生では、塩分を控えるように気をつけましょう。なるべく薄味に慣れることが対策のポイントになります。運動ではきつい運動は心臓に負担をかけてしまいますから、軽めの運動を取り入れるようにします。おすすめの養生対策運動は、有酸素運動です。有酸素運動は血管を柔軟にして、血圧を下げてくれます。週に3回ほどウォーキングをする、毎日の通勤通学で長めに歩くようにする、などでも十分な効果が期待できます。