高血圧を漢方で何とかしたい

漢方薬漢方で高血圧をすぐに治すことはできません。漢方ができるのは、高血圧による頭痛や吐き気、動悸などの症状を改善することです。漢方は体質を改善する効果があるので、降圧剤と一緒に服用すれば効果的に血圧を下げることができます。ただし薬を併用する時には必ずリスクが生じるので、降圧剤を処方している医師に漢方もお願いするか、併用が可能かを薬剤師に聞いてから服用します。
漢方医学では冷え性や舌の状態など、症状とは直接関係のない分野からアプローチします。高血圧はストレスや老化の影響で心臓や血管に負担がかかり、体のバランスが崩れていると解釈します。西洋医学のように人為的に血圧をコントロールするものではありません。一種類を服用することで総合的に体の不調を改善できるので、西洋医学に抵抗があり医薬品の副作用が不安な人に適しています。
高血圧の人に処方される漢方は何種類かあります。慢性化した頭痛や肩こりがあれば、釣藤散です。胃腸が弱い人や妊婦、冷え性の人は発疹や食欲不振などの症状が出ることがあるので、自己判断での服用は危険です。黄連解毒湯は高血圧による動悸やめまいだけでなく、更年期障害の治療にも有効です。顔色が赤く、イライラしやすくて落ち着きのない人に処方されます。便秘も伴っている人は、桃核承気湯がおすすめです。
他の下剤との併用が禁止されていますが、一般的な医薬品よりも自然な排便が期待できます。便秘の人がトイレで力むと腹腔内圧力がかかるので血圧が上昇します。また便秘によって腸内環境が悪くなるとインドールなどの有害物質が発生して、自律神経の働きが乱れて血圧を調整できません。よって便秘を治すことも高血圧改善に効果的です。