PWVで指圧をはかり降圧剤を投与する

動脈硬化の検査血圧が高い状態が続くと、動脈硬化が進み脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの血管イベントが起こるリスクが大きくなります。そこで、高血圧の患者さんには動脈硬化の進行度を検査します。
降圧剤を投与するかどうかも、動脈硬化の進行度によって決められる事が多いです。動脈硬化の進行度を調べる検査に、PWVやABIがあります。PWVは脈波伝播速度と言われ、心臓の拍動が動脈を通じて手足に届くまでの速度を調べます。動脈壁が厚くなったり硬くなったりすると、脈波が伝わる速度が遅くなります。この数値が高いほど、動脈硬化が進んでいるということになります。
PWVを測定すると、同時にABIが同時に測定されます。ABIは足関節上腕血圧比です。ベッドに仰向けになり、両腕と足首に血圧計のマンシェットを巻きます。また足の指にクリップのような小さな器具を挟みます。そして、両手と足首と指の血圧(指圧)を同時に測ります。この結果はコンピューターで自動的に数値化できます。約5分でできる簡単な検査で、痛みなどの苦痛もありません。ABIが0.9以下の場合、動脈硬化が疑われます。PWVが13.5以上の場合は、動脈硬化が進行していると考えられます。心筋梗塞や狭心症、くも膜下出血などのリスクが大きいので、降圧剤の投与も考慮する必要があります。
最近は家庭で血圧を測る人も多くなりました。
しかし、上腕の血圧を測ったことはあっても、足首の血圧や指圧(指の血圧)を測ったことがあるという人は少ないでしょう。指圧はクリップ状のものを足の指に挟むだけで測定でき、痛みなどもありません。
医師からは「動脈硬化の進行度を調べる検査」、「血管年齢を調べる検査」などと説明されるでしょう。この検査を勧められた場合は、身体に浸潤や苦痛のない検査なので、受けるようにしましょう。また、この検査の結果、降圧剤が投与された場合は、きちんと服用しましょう。